絶大な人気を誇る「丹波黒」の枝豆
兵庫県但馬地区の朝来市で、有機栽培のお米と黒豆、その枝豆を育てる村上彰さんをお訪ねしたのは2017年の秋でした。あれから6年。うれしいニュースが舞い込んできました。
長年にわたる地元の農業への貢献と、環境保全型農業の取り込みが評価され、村上さんは「農業、商業、工業等の業務に精励し、他の模範となるような技術や事績を有する人」に与えられる黄綬褒章を授与されたのです。
11月初旬、村上さんの農場では例年通り「丹波黒」の枝豆の収穫が、急ピッチで進んでいました。他の品種の大豆や枝豆よりもずっと大きな丹波黒。乾燥させた大粒の黒豆は、おせち料理に欠かせぬ食材ですが、まだ枝と莢が青いうちに収穫するその枝豆も大人気。首都圏の自然食品店や居酒屋から、連日注文が舞い込んでいます。
今年は丹波黒を6ha作っています。黒豆で販売するのが4ha。種子用が1haで、枝豆用は1haくらい。種子用以外は、みんな『有機で作って大丈夫か?』って言うけれど、はい!この通り。10月中旬から11月初めの2~3週間が勝負です
指差す先の圃場では、次男で後継者の克彦さんとスタッフの3人体制で、収穫作業を進めていました。トラクタの後ろに脱莢機を乗せた台車をつなぎ、刈り取った枝豆をその場で投入。豆の入った莢だけをコンテナに取り出し、葉と茎はその場で粉砕。圃場に還していきます。以前は、刈り取った枝を作業場に運んで脱莢作業をしていたのですが、「枝ごと運んで、出た葉と茎をまた畑に戻すのは大変」だったので、村上さんの発案で屋内用の脱莢機のモーターをエンジン駆動に変え、キャタピラ付きの台車に乗せて、圃場で使える形に改良しました。



きめ細やかな水管理で猛暑を乗り切る
今年の夏は、朝来市でも高温が続き、水が少なく、村上さんは圃場の水管理にとても気を使っていました。
今年の夏は、畝間灌水。畝の間に水を入れて、土の保水力と水分を確保しました。ここは田んぼだから水路から直接水を引けるけど、それができないと花が止まらず落ちてしまう。そんなケースが多い年でした
夏の間は田んぼに水を入れるため、水口の見回りが欠かせません。
豆の田んぼが20枚ほどあるのですが、夜通し見回りをして、朝になってしまうこともありました
猛暑の年、いかに土壌水分の維持が大切かが伝わってきます。一方、圃場や畦には容赦なく夏草が生えてきますが、村上さんは専用のスタッフを2人雇用して、草刈りを行っていました。見事に膨らんだ大粒の枝豆は、夏の間のきめ細やかな水と、草の管理の賜物なのです。
こうして収穫された丹波黒の枝豆は、ほどなく自宅の隣に併設された作業場へ。妻の健子さんとパートタイマーの女性3~4人で、ベルトコンベアに流れる枝豆の莢をていねいに選別。虫喰いの穴の開いたものや、痩せた莢を外して出荷に備えます。



「コウノトリ育む農法」のリーダーとして活躍
一生産者として、有機栽培で素晴らしい丹波黒やお米を栽培している村上さん。黄綬褒章の授章式は今年5月15日、農林水産省講堂で行われ、野村哲郎農林水産大臣より勲章と賞状を受け、その後皇居にて天皇陛下に拝謁し、ねぎらいのお言葉を賜りました。その勲章と賞状は、ご自宅の玄関に掲げています。

今回の受章に至った功績として、
 1.地域ブロイラー経営の先導と複合経営の確立
 2.環境創造型農業を核とした土地利用型農業モデルの確立
 3.地域リーダーとして活力ある地域農業の推進
 4.農業後継者の育成と兵庫県農業発展への寄与
 5.学識経験者等として地域農業への推進に貢献
この五つの項目が挙げられています。そして、
この30年の間に、JAたじま 黒大豆生産部会長、田中営農組合長、兵庫県農業経営士会理事、コウノトリ育む農業アドバイザー研究会副会長、JAたじま コウノトリ育むお米生産部会副会長、朝来市人・農地プラン検討会副会長、朝来市農林業振興対策審議会長、朝来市農業再生協議会長、あさご就農プロジェクト会議委員長、但馬まほろば産直の会長等、地域の農業を牽引するリーダーとして、数々の役職を歴任されました。
中でも評価されたのは、兵庫県が推奨する「コウノトリ育む農法」のリーダーとして、環境保全にも尽力された点です。

村上さんが子どもの頃、田んぼで見かけたコウノトリは、翼を広げると2mを超える大型の鳥。農薬を多用したことで、エサとなる小魚や小動物がいなくなり、いつしか姿を消していました。「コウノトリと共存できる環境を取り戻そう」という試みが隣の豊岡市まで始まり、村上さんは何度も通ってその技術を学びました。
化学肥料ではなく、バクタモン®を使って発酵させた鶏糞を使用。田んぼに棲息する小動物たちを観察し、「おたまじゃくしの足が4本になり、ヤゴが羽化してトンボになって、水がなくても生きていけるようになったら、水を落とす」等、自然と共存できる方法で稲作を進めてきた、その結果……
毎年、春になると大きなコウノトリが舞い降りるようになりました。
田んぼで代掻きしていると、虫や小動物を求めてカラスと一緒にやってきます





有機栽培に必要なのは、観察力
そんな中、かつて地元の田中営農組合でともに活動していた農家は、24軒。その数は年を追うごとに減っていき、今では「片手で数えられる」ほどになってしまいました。それでも、「高齢化の中で面積も人数も減っていますが、若い人の中には『黒豆をやっていこう』という機運もある。そうゆう子たちをうまく路線に乗せていかなければ
コウノトリが舞い降りる環境を取り戻すため、農薬や化学肥料を使わず、循環型の栽培法を確立した村上さん。それでも異常気象が続く昨今、周囲には「有機で大丈夫か?」と、先を危ぶむ声も少なくありません。猛暑やゲリラ豪雨に見舞われても、有機栽培でしっかり農産物を収穫し続けるには、どうすればよいのでしょう?
それはちょっと難しいですね。なぜなら有機栽培には、観察力がいるから
相手は、自然と環境です。特定のマニュアルに則って栽培するのではよいのではなく、土と作物、虫や小動物、コウノトリまで、同じ環境に生きるすべての生き物たちを「見る目」を養う。
それが有機栽培には欠かせないのです。
そんな環境や作物を「見る目」を養うには、どうすればいいのでしょう?
失敗を恐れないこと。それもまた経験だから。失敗を克服するのは何かを考えることが、成功につながるから
と話す村上さんは、積極的に地元の若手農家を実習生として受け入れています。中には、地元名産の「岩津ねぎ」を栽培していて、独立して1年目にネギの品評会で最優秀賞を獲得しました。
失敗を恐れず、見る目を養う。そんな村上さん直伝の教えが生きています。


有機はツボにはまれば収量が上がる
兵庫県の農業試験場からやってきた職員が、村上さんの黒豆の圃場を見て言いました。
「村上さんの圃場には、枯れた株がない。今、丹波地域では立ち枯れが多いんですが、茎疫病は出ないんですか?」
うちには、枯れた株はありません。莢もしっかり膨らんで、品揃いもいい
たしかに。村上さんの黒豆畑を見ると、株の背丈が生えそろっていて、立ち枯れて欠株した箇所は見られません。
世間では「有機栽培の作物は、収穫が少なかったり、作物が小さいのはやむをえない」という声も聴きます。ところが村上さんは、
たとえ農薬や化学肥料を使っても、これだけの黒豆はできません。化学肥料では味が出ないから
収穫も、お米に関しては反収8~9俵。黒豆の粒の大きさも慣行農法を凌ぎ、食味に関しては(一社)日本有機農業普及協会の栄養価コンテストで3年連続金賞を受賞しました。どこにも負けない品質と味わいが実証されています。
有機で作ったら収量が減るというけれど、ツボにはまる(土壌分析をして、それに沿った施肥を行う)と収量は上がります。要は、そのはめ方です。そこにはめるには、植物生理をしっかり学ばなければ
ツボにはまった有機栽培。それを実践するには、土づくりが外せません。そしてそれは、稲刈りや収穫の時点から始まっています。稲刈りではわら、黒豆畑では茎や葉などの残渣が出ますが、村上さんはこれを粉砕して圃場に戻しています。そして、
田植えの時点で分解されて、稲わらが残らないように。そこにまだわらが残っていたら、田んぼに水を入れた時、ガスを湧いて苗に負担をかけてしまう。稲わらを分解させて、土の状態をコントールすることが必要。それが苗を植えたらすぐ、白い根が伸びてくる秘訣です
植えつけた苗がすぐに白い根を伸ばせる状態に。すると、養分吸収が早く、肥料効果も出やすいのです。
そうやって、わらや残渣を分解させて、翌年の苗に負担をかけないような土壌にしておく。それが大事です
こうして育てた村上さんの黒豆は、節間が短いのが特徴。ずんぐりとした姿で、しっかり土に根を張り、猛暑の中でも見事に花を咲かせて結実しました。


真っ白な根が伸びる土を
村上さんは、冬の間に1年かけて発酵させた鶏糞とバクタモン®を散布。そうすることで、稲わらの分解を促進し、翌年の土づくりを進めています。
そもそも村上さんとバクタモン®の出会いは、鶏糞の処理からでした。神戸からUターン。家業の養鶏を受け継いでいた村上さんは、鶏糞が放つ臭いに悩んでいたところ、BMエルド®を与えることで、臭いも低減。鶏糞を発酵させた堆肥が、作物を健康に育てていきます。
現在、養鶏事業は別の事業者が受け継いでいますが、これを軸とした土づくりは集落全体で続いています。
鶏の飼料には、穀物やカキ殻など、土に必要なものがバランスよく入っている。だから、バクタモン®との相性もいい
地域全体20haの田んぼから出た籾殻とヌカを、鶏糞に混ぜて1年間熟成。これを11~12月に2日間かけて、地域全体に散布します。こうして必要な堆肥の材料を、すべて地元で賄って圃場に還元する。そんなスタイルも確立しました。同じ集落では、徐々に耕作者が減っていますが、耕作放置地はゼロ。コウノトリが舞い降りる圃場では、微生物や虫、小動物や鳥たち、そして人間も一緒に奮闘し、有機栽培が地域の自然と経済をしっかり循環させているのです。
褒章はたしかに喜ばしい快挙ですが、村上さんにとってはひとつの通過点。これからどこを目指していくのでしょう?
次世代を担う子どもたちに、有機の農産物を。朝来市は、国が推奨しているオーガニックビレッジにも参加します
ツボにはまった有機は強い。それを全国に知らしめた朝来市の取り組みの中で、バクタモン®は地域循環をお手伝いしています。





2023年11月2日
取材・文/三好かやの


 




マルヤファーム様
「糖度世界一、ギネスが認めた包近のモモ」

(株)吉岡農園様
「土とともに40余年。栽培から販売まで、自ら手本を示す和歌山の肥料店」

宇城農園様
「『山椒ミルク』が大人気、山の中のジェラート店」


(株)村上ファーム様
「コウノトリ舞う里で生まれる、大粒の黒大豆」

廣井昌利様
「健康と取り戻すためにリンゴを栽培。人も地域も元気に。」


(有)ファームランド豊様
「イモ、豆、カボチャ…温暖な気候と微生物のチカラで、多品目の露地栽培を実現」

(有)須田フルーツ様
「キラリと輝く果実は土づくりから」


(有)おりた園様
「バクタモンで世界に通じる緑茶を育てる」


(株)しろとり動物園様
「小さな微生物から大きなゾウまで、みんな学べる動物園」


(有)松山農産様
「微生物のチカラで廃棄物を、宝物に!」


越福雄様
「古木と土のチカラを生かし、リンゴを顧客に直売」


神奈川肥料(株)様
「土中の菌の力を生かす熱水消毒のパイオニア」


山崎香菜江様
「安来発。ルビーのような大粒の章姫を栽培」


大杉ぶどう園様
「ブドウの味は、毛細根が決め手!」


(有)イーモン様
「『E-MON(いいもん)』で、農家をトータルにお手伝い」


(株)茄子葉様
都市近郊で「泉州水なす」を作り続ける

(株)堀内果実園様
「五條の柿が原点 フルーツ満載のカフェが大人気!」


JA壱岐市肥育センター様
「壱岐の牛とともに歩むBMエルド®」


(株)MAKOTO農園様
「半樹摘果とマルチ栽培で、高品質なミカンを育てる」


黒岩洋一様
「微生物の力で、雹害に負けない土と根を育てる」


坂東明文様
「優良菌のはたらきで新しい有機栽培を」


楠正人様
「微生物の力で、土とスイカの味を進化させる」

山本隆様
「バクタモン®を、米、花、野菜にフル活用」


くわの農園様
「全国からファンが殺到!くわの農園の『あまおう』」


■(株)マム・ランド様
「菊と小松菜で田川の農業をリードする」

萬葉様
「土からはじまる庭づくり」

神奈川肥料(株)様-追記
「猛暑を乗り越え「はるみ」が一等米に」

野村農園様
「飛騨高山で伝統野菜と西洋野菜をつくる」

(株)国際有機公社様
「土から農家の経営を変える土壌医」

坪井農園様
「農業は総合職。味で勝負のトマトを栽培」

高鍋啓二様・純一様
「10aで5,000~6,000房。大粒のブドウを作る」

久保田農園様
「トマトとモモ、二刀流栽培に挑戦!」